目指せNoteshelfマスター!【基本編】

目指せNoteshelfマスター!【基本編】

今回はiPad用手書きノートアプリ、Noteshelf 2の使い方を解説していきます。

 

基本の操作

とりあえずこれさえ分かればノートが取れる、基本操作を解説します。

ノートを作成する

まずアプリを開くとこのような画面になっています。

右上の【+】、をタップしましょう。

 

続いて新規ノートブック作成をタップします。

 

ここでノートのカバー、テンプレート(紙の種類)、名前を変更できます。

 

【ノートを作成】をタップします。

これでノートの作成完了です!

画像は私のテンプレートなのでデフォルトとは違います。

もうノートは取れる状態になっていますが、細かい設定を見ていきましょう。

ノートをとる

画面上部のアイコンで、左から順に

「ペンの種類変更」「マーカーの種類変更」「消しゴム」「テキスト挿入」「選択」「ペン入力オフ」

が選択できます。

 

ペンの種類はこんな感じ。

4種類から選べ、色もたくさん用意されています。

色は後から自分好みの色を作成することもできます。

マーカーはこんな感じ。

私はマーカーはあまり使えていませんが、うまく使えばノートが見やすくなること間違いなしです!

消しゴムも大きさを選択できます。

「Auto」モードがかなり便利で、自動で消しゴムのサイズが変わり、絶妙に消しやすいです。

また「選択」では、ノートに書いたものを選択して、書いた後から大きさや色を変えたり、場所を移動したり、コピー&ペーストで複製したりできます。

計算が次のページにまたがった時などに、最後の式だけ次のページにペーストして、そこから続きの計算をするなんてことも可能です!

まさにデジタルの特権。消しゴムを使わずに書いたものを移動できます。

保存する

おそらく自動で保存されています(私は今まで書いたものが消えたことはない)が、左上の「<」マークを押してホームに戻っておくと確実です。

無料テンプレートも豊富!

ホーム画面の左上の工具のマークから「ページテンプレートを変更」を選ぶことでノートの紙の種類を選ぶこともできます。

またここに無いものも、ホーム画面の左上の歯車マークから「無料の表紙と紙のテンプレート」を選ぶことで自分好みのカバーやテンプレートを探すこともできます。

現時点ではたくさんあるとは言えませんが、それでも十分なテンプレートが無料でダウンロードできます。

まとめ

いかがでしたか?これで一通りの基本操作ができるようになりました。

さらにステップアップされたい方は【応用編】もご覧ください。(後日投稿予定)

“目指せNoteshelfマスター!【基本編】” に1件のコメントがあります

コメントする