iPhone XR半年レビュー!【性能編】

iPhone XR半年レビュー!【性能編】

昨年iPhoneを手にしてからおよそ半年がたったので、

・性能編

・バッテリー編

・カメラ編

・UI編

の4回に分けてレビューをしていきたいと思います。

 

Antutuベンチマークスコア

すでに多くの人が結果をアップしていますが、デバイスの性能を数値化してくれるAntutuベンチマークでスコアを測っていきます。

 

ベンチマークスコア

はい。申し分なしですね。余裕の30万点越えです。

発売から半年たってSnapdragon855搭載端末が市場に出始めていますが、これより少し低い程度。いまだに世界最高レベルです。

 

実際の使用感は?

スコアから想像つく通り、何のストレスもありません。LINEやTwitter、Youtube、ネットサーフィンは高速で快適そのものです。

PUBGやSAOなどの重い3Dグラフィックゲームは高設定でもカクつくこともありません。

以前使っていたHuawei P9 Lite(比べるのは酷ですが)とは雲泥の差。アプリ起動時のもたつきがなくなり、これだけで何十時間節約したのかというほど快適です。安いものは安いなりなんですね。

 

画面性能は?

一応ハードウェアということで画面の性能についても書いていきます。

iPhone XRの画面解像度は1,792 x 828で、購入前は

2018年にフルHD以下とかとんだ手抜き端末やんけ!!

と思っていましたが、いざ使用してみるとあら不思議。慣れとかそういうレベルではなく、初めて使った時から画面の美しさにほれぼれしました

Liquid Retinaディスプレイは発色もきれいだし、ピクセルの粒感、シャギーも全く気になりません。

以前使っていたHuawei P9 LiteはフルHDなのにシャギーが目立っていましたから、本当に不思議。おそらくAppleのUIの作り込みがすごいんだと思います。

そんなわけで性能については全く問題なしのiPhone XR。

次はバッテリー編に続きます。

コメントする